MENU
Design
Design

LUCA STYLE PRINCESS ANN

Concept

Concept

ご希望のアイテム、生地を伺い、お客様の写真を添えてイタリアのデザイナーLucaに届けさせていただきます。
専属の通訳を通して綿密にやり取りをし、Lucaが4パターンのデザイン画を作成。その中からお客様にご希望のデザインをお選びいただきます。
縫製は日本でさせていただくことによって、よりご希望通りのお洋服が仕上がります。
完成したお洋服と共に、貴方だけの為に描かれたデザイン画の原画も納品させていただきます。

Profile

Profile

ルーカ・ジャンノーラ(服飾デザイナー)
ファッションデザインの世界において20年以上のキャリアを誇る。

17歳までの間に舞台子役、舞台美術、舞台衣装、服飾デザインという幅広い分野をプロの現場の中で学び、18歳でファッションの都ミラノへ。
デザイン学校に入学し、模型製作の様式や花嫁衣装、フランス発祥の洋服を仕立てる技術“ムラージュ”を中心に学ぶ。
卒業後、スタイリストアシスタントとしてのキャリアをスタートし、著名な世界的カメラマンであるF.Scianna,F.Ferri,P.Barbieriなどとも仕事をし、ファッション雑誌であるElle,Grazia,MarieClair,Glamour Italiaなどに掲載される幸運に恵まれ、着実に一流の現場で経験を重ねる。
その後古都ボローニャに拠点を移し、ファッションデザイナーとしての活動に並行し服飾専門学校の教員を務める。近年では、イギリス・ロンドン、フランス・モンテカルロと次々にセレクトショップ展開を進めており、ブランドLUCA GIANNOLAの名声は、ヨーロッパ全体へと広がりを見せている。

Work

Work

南イタリア出身であるルーカは、穏やかな木漏れ日の様な笑顔とナポリ火山ベスーヴィオさながらの燃えたぎるパッションを兼ね備える魅力に溢れたデザイナー。
ルーカの作品は会う度に感動が増幅する。
一度、二度、三度と毎回違う側面性の魅力があるのです。
どうしてなのか考え、一つの結論に至りました。

“服が呼吸している”
「ただの物」であるはずの服に、
「生」 の息吹を吹きかけて、
「生き物」 に変貌させるんです。

それが出来るデザイナーはなかなかいません。そこには彼自身が”生きる“という事に誠実に向き合い、偽りなく生きている魂の偶像が作品となっているのです。服のデザインと彼の生き様がリンクしているからこそ生まれる見えないチカラがそこには宿るのです。
「生きた服で、愛に溢れる人生を」